今すぐ幸せになりたい君に 名言の魔術を贈ります。By 作詞家 Makoto ATOZI

ようこそ。名言の魔術ウエブサイトへ。

このWeb Siteのタイトルは、「名言の魔術 今すぐ幸せなりたい君に奇跡が起きる言葉の魔法」

つまり、このホームページは、幸せになりたい君のために書かれています。このページに辿り着いた君は、もしかしたら今、何かに迷っているのか。または、幸せの意味を、人生の意味を探している途中。はたまた希望に満ち溢れ、次なる次元へと向かうために、名言を検索しているのかもしれません。

このホームページは二つの構成に分かれています。
ひとつは、名言集。
そしてもうひとつは名言に対する僕の解説と魔法。
どちらも、明日に迷うときに、きっと背中を押してくれる言葉ばかりです。
このページに書かれた言葉たちが、明日への魔術となって、君の心に、希望の灯を灯してくれますよう願っています。

僕は作詞家 Makoto ATOZIと申します。

誠実に人の心の琴線を響かせる。それが僕の本業で、一番大切にしている美学です。

僕の本業は作詞家です。2000年に平井堅さんへ提供の「楽園」でデビュー。以後、様々なアーテイストの歌を書かせていただきました。そして、今も書いています。

僕が書いた作品が収録されたCDとDVDは、現在累計で1000万枚を超えました。

僕の両親は、二人ともに、身体に障害を持ちながら、自営業で僕を育ててくれました。裕福でもなく、音楽一家に育ったわけでもない僕が何故。プロの作詞家になることができたのでしょうか。僕はよくその理由について考えます。僕の中では、確実に理由と原因をわかっているのですが、それを人に伝えるには、少々工夫が必要です。そういうことから、このホームページを開設しました。

僕は昔から、何よりも読書が大好きでした。本に書かれた深遠な言葉から、多くのことを僕は学んできました。この本では、君にも、それらの知恵をお伝えします。

人生に迷うとき、多くの人々は3種類の書籍で選択に迷います。1つ目はスピリチュアルな啓発本。これらの物語では、アセンションや5次元などの言葉が飛び交い、大いなる存在による導きを説きます。近年はこれらの本を選ぶ人が増えているようです。

2つ目の書籍は、「引き寄せの法則系」と呼ばれる啓発本。これらの本では、お金持ちになる方法や願望達成についての方法を説きます。

3つ目の書籍は偉人(宗教家・経営者・スポーツ選手etc...)の伝記。現在の悩みを偉人の言葉に照らし合わせて、答えを導くのです。これらの本を選ぶ人は、近年の若い人々には少ないようです。

また、マンガや小説から、人生の指針となる言葉を得る人も多いですね。

「名言の魔術 今すぐ幸せなりたい君に奇跡が起きる言葉の魔法」ではこの3種類の書籍や、他の書籍の良いところ取りで、君を幸せにしてしまいます。どうか、楽しみにお読み進めください。

結局のところ、幸せとは、君の外部の人達が決めるものではありません。

幸せかどうかというモノサシは自分自身の心の中にあります。どれだけお金を持っていようとも幸せでない人は沢山います。また、どんなに貧していても、心が幸せに満ち溢れた人も沢山います。どんなに友人知人が多くても幸せを感じられない人もいれば、ひとりでも幸せを感じられる人もいます。

僕自身でいえば、デビュー作が大ヒットして、経済的にもあらゆる意味でも有頂天な時代を経て、どん底も知って、借金苦で、財布の中には1000円だけ・・・という時も経てきました。

僕のことを幸せだとは思えない人も多くいると思います。でも、人からどう見られようとも、僕は、いつでも幸せです。様々な悩みがありながらも、感謝多きこの人生にありがとうの気持ちでいっぱいです。

歌を書き続けて18年。

出会った人々に、想いや知恵を伝えたいという願望は年々増しています。

このホームページでは、偉人の名言や諺を「人生」「夢・目標」「恋愛・愛情」「魔法」「癒し」「幸福」の5つのカテゴリーに分けて、ご紹介しています。カテゴリーは随時増えてゆきます。

それらの名言には、僕の解説と、それぞれの名言の締めに、「幸せになるための魔術」を記しています。

どのページから読み進めていただいても結構です。

君にとって、必要な言葉が、開いたページには必ずあるはずです。

君が悩みから解き放たれ、幸せいっぱいな日々を生きている未来を信じています。

君という人生の物語は、今も天にいる作家が執筆をしている途中なのですよ。

君の物語は、君の思考次第で、どうとでも魅力的にすることができるのです。それってすごいことだと思いませんか?君こそが君自身の人生の優秀な編集者。天の作家への君からのアドバイスで、君の物語は、大きくセリフや展開を変えてゆきます。

君に幸あれ!それでは素敵な魔術の世界へようこそ。

平成2017年2月吉日 Makoto ATOZI